とりあえず用法も知っておく

練習日記

当会で行っている太極拳は「健康」が目的です。

「健康維持」と「体力増進」ですね。

なので、太極拳の型もそのように構成されています。

でも、それだけでやっていると、形がちゃんと整っていいない時があるんですね。

どうしてそういう形になっているのかを、忘れてしまって自主練している間に「自分がやりやすいように」やってしまう傾向があるようです。

そこで、とりあえず解説のが用法です。

用法って、使い方のことです。

使い方って何って思うと思いますが、太極拳ってもともとは実用的なものだったんです。

何に実用的かというと「護身術」ですね。

太極拳も他の中国拳法と同じくもともとは「護身術」だった訳です。

今も「護身術」や「武術」として鍛錬されている方もいらっしゃいます。

当会の太極拳は型の練習をするときに「導引型」と言って基本的に用法は意識せずに行います。

用法をずっと意識すると、体に緊張として合われるからなどの理由もありますが、基本、健康法として長く取り組んでいこうというスタンスです。

ですが、です。

さきほども書いたようにある程度用法も知らないと、形として崩れてくる傾向があります。

良い意味での緊張感がないというか。

そういうこともあって、たまにですが、用法にフォーカスして解説したりしています。

本当は、ちゃんと型が理にかなっていれば、関係なくできるのですけどね。

それはそれで難しいので。

活用できるものはしっかり活用していきます(笑)。

コメント