自然じゃない自然な動き

練習日記

今日は2週間ぶりの教室でした。

今日も「雲手」の練習。

この教室でやっている太極拳の雲手はちょっと変わっていて、技というより東洋医学の要素が非常に高くなっています。

たとえば、手のひらを向かい合わせるときに、労宮穴というツボを意識してちゃんと向かい合わせる。

体幹の動きに合わせて手も動くのですが、その時に、しっかり手のひらを体の方に向ける。

それぞれ、ちゃんと意味があります。

ツボって面白くて、指圧のようにただ押すところでなくて、ツボとツボを向かい合わせたり、意識することで「動き」が変わってきます。

どう変わるかというと、「楽」な動きになる。

このときの「楽な動き」というのは、体の構造上合理的な動きということ。

だから、変に力をいれたりすることなく自然に動ける。

うまくできると「動かそう」と思わなくても、感覚的に「何も」しなくて自然とその方に動く。

そういうことができるようになります。

ただ、それには、基本をしっかり守って行わないといけません。

ここが面白いところなのですが、「自然な動き」のはずなのにポイントを押さえた「練習」をしないといけない(笑)

「自然」な動きになるために、普段していることと違うことをしないといけない。

これは、普段が「自然」に動いていないということになります。

なんだか難しい話になりますが、太極拳ってそういうものなんですね。

今日の練習風景

コメント