太極拳に窮屈さはいらない

練習日記

修正される個人差とそうでない個人差

皆さんが型を通して行っているときに写真を撮りながら動きをチェックしています。

中級の人たちはそれなりに形が綺麗になり、立ち方も良くなりつつあるのですが、そういう時こそよーーく見ていないといけないことがあります。

ちょっとした動作で個人差としてOKなことろと駄目なところがあります。

型で動きは決まっていますが、体の大きさ柔軟性、筋力体力それぞれ違います。

なので、同じ動作をしているのに個性はどうしても出てしまいます。

個性がすべてOKかというともちろんそんなことはなく補正すべき個人差があります。

そのチェックの仕方はいくつか考えられると思いますが一番簡単なものは「法則にそっているか」です。

大げさに言ってしまえば、法則に沿っていなければすべとアウト

法則に沿っていればすべてOKってな感じ・・・

一つの目安とですが、法則に沿ってない癖はぱっとみ窮屈にみえます。

太極拳は型を行うにあたって、関節を全力で伸ばしたり曲げたりしません。

すべて「ほどほど」のところで伸ばし終わったり、曲げ終わったりしています。

気功的に言えば太極拳は動作において気血の通りを遮断したり狭くするような動きはしません。

ですから、動きはゆったりして滑らかに見えます。

それが、動作を間違って覚えていたり、正しく理解していなかったりすると同じような動きでも肘を曲げすぎているとか、指に力が入りすぎている状態が癖になってしまっています。

これらの癖は傍から見ている「窮屈」に感じます。

「無理している」

そのように見えるわけです。

窮屈に見える、無理しているように見える動作を改善するとまったく同じように動いているのに伸び伸びとしてゆったりしているように見えます。

関節の角度にしてほんの数度でもその違いが出てくるので面白いです。

ただ、まったくの初心者の方にはそこまで要求しません。

初心者からそれをやってしまうと、動きが逆に硬くなってしまうことがあるからです。

これはある程度人や経歴をみて指導しています。

コメント