太極拳と丹田・それを説明する要訣

太極拳について

太極拳を行う際に心がけることがいくつかあります。

「心がける」内容をまとめたものを要諦とか言ったりします。

太極拳は動作としてみたときに、丹田を「意識」するということが言われます。

これはざっくり言い換えてしまうと、「股関節を含む腰腹部と呼吸に関するもの」です。

これは、からなり大雑把にまとめた表現になります。

この時の丹田は主に下丹田のことを表しています。

一口に丹田と言っても、ポピュラーなところでは、上丹田、中丹田、下丹田と3つあります。

最終的には3つとも重要になってくるのですが、太極拳は動作の要訣として言われる場合、下丹田がフォーカスされることが多いです。

これは、動きのポイントを重要性でみた場合下丹田の重要性が高いからです。

丹田とは

東洋医学では丹田というと「関元穴」「気海穴」などのツボで説明されることがあります。

このツボはおヘソの下の下腹部にあるツボです。

伝統的にこのあたりが丹田と言われています。

なぜ、身体のこの部分が丹田として重要視されるのか。

いくつか考えられますが、まずはこの位置に人間の重心があることがあります。

「関元穴」や「気海穴」は皮膚の表面に印がされますが、その奥にも機能としての「ツボ」はあります。

そして、さらに別の角度からみてみると、このあたりの周囲にある筋肉とも関係も見えてきます。

丹田の下の方には骨盤の下で内蔵を支える骨盤底膜筋。

丹田の後方には背骨・骨盤と股関節をつなぐ腸腰筋。

丹田の上の方には、呼吸に関する横隔膜があります。

そして、腹部の前方や側面には、腹筋群や腰筋群があります。

太極拳では姿勢も非常に重視しますが、姿勢がちゃんと整うと、これからの筋肉が自然と連動し心地よい緊張を生み出します。

これが動きの際にコアとなって下丹田を中心とした動きになっていくのです。

一つの要諦として示されたものを紐解いていくと、一つの姿が見えてきます。

仮に完璧な太極拳という姿に到達するとそこには一つの姿勢ですべての要諦を表している状態が顕現しています。

多数が一に、一が多数として言い表せる状態

早くそんな状態になりたいものです。

コメント